投資信託で老後2000万円問題を20年で解決できます → データあります






老後2000万円を投資信託で解決できるか!?





という内容です。





結論から言うとできます






それでは早速、シミュレーションツールを用いて解説していきます。






今回のシミレーションツールはこちら↓
積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券





投資信託の説明はこちら
ニートが80万円を米国株投信で積立てて放置した結果 → ×××万円になりました!セミリタイアFIREを目指したい人必見です - うつ病で退職した借金200万持ちアラサー





20年間で月5万円で利回り7%の場合

f:id:shunminmin:20210924171257j:plain

楽天のシミュレーションツール
積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券




20%の税金が引かれる前提で計算します。






20年間で月5万円を利回り7%の投資信託を購入し続けると、





元本 12,000,000 円
運用収益 14,046,333 円
合計 26,046,333円



税引き後合計 20,837,066円





になります。





これだけで 老後2000万円問題は解決します






しかも、NISAやつみたてNISAを利用すると、運用益が非課税になりますから、このシミュレーションよりも少々楽になります。






【実践日記】米国株投資の始め方 → 初心者は投資信託を買ってみましょう - うつ病で退職した借金200万持ちアラサー




つみたてNISAを利用した場合

f:id:shunminmin:20210924171456p:plain




条件を同じにして例を示すと、




33,333円はつみたてNISAで投資
16,667円は特別口座(課税)




したと仮定します。





投資額5万におけるつみたてNISAに占める割合は66%ですので、この分は非課税になります。残33%に対して20%課税されます。





26,046,333 × 0.66 = 17,190,579円 (非課税)
26,046,333 × 0.33 = 8,595,289円 (課税)





8,595,289 × 0.8 = 6,876,231 (税引き後特別口座)





17,190,579 + 6,876,231 = 24,066,810円






つまり、つみたてNISAを利用すると、






24,066,810円





という計算になります。






全額課税後なら20,837,066円なのに、つみたてNISAなら24,066,810円になる わけです。






つみたてNISAを利用するだけで、






3,229,744円節税できる






という事になります。






定年が60歳なら、40歳から始めれば間に合います







老後2000万円問題にも希望を持って解決できると私は考えています。




ニートがiFreeレバレッジNASDAQ100に投資した結果 → ××万円儲かりました!セミリタイアFIRE目指したい人必見! - うつ病で退職した借金200万持ちアラサー


まとめ



老後2000万円問題は割と解決する







という結果になりました。






" 月5万円も捻出できないよ… "




" 年利7%は楽観的すぎるし暴落したらどうすんだ "






という声もあると思います。






その場合は、金額と年利を減らして期間を伸ばしてみましょう。






暴落のリスクもありますが、長期になれば分散できます。






楽天のツールを使って皆さんも計算してみてください。





投資信託で老後2000万円問題を20年で解決できます → データあります
は以上です。




最後までご覧いただきありがとうございました!



下に関連記事があるので、よろしければご覧ください!


Twitterのフォローや読者登録等もよろしくお願いします!


PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村