発達障害グレーゾーンのニート人間はどうやって就職したらいい? → 専用窓口に行きましょう







発達障害グレーゾーンと診断されて絶望している人必見!





今回は転職活動についての記事です。







私は発達障害のグレーゾーンと診断され、現在転職活動中なので結構参考になるかと思います。





それでは早速参りましょう。




発達障害やうつ病の転職活動は↓



発達障害のグレーゾーンとは

f:id:shunminmin:20211003154329j:plain






発達障害とは端的にいうと、社会的な生活を送るのが困難になる病気 です。







発達障害はADHD(注意欠如)、ASD(自閉症スペクトラム障害)、LD(学習障害)の3つの症状を主に指します。







ADHDは不注意で落ち着きがなく、衝動的な行動に走りがちで、ケアレスミスや優先順位が分からなくなる事が多いです。








ASDは対人関係が苦手でこだわりが強く、他人と目を合わせられなかったり、マニュアルから外れた行為が苦手です。







LDは 読み書きや算数が苦手で、文章のどこを読んでいるのか分からなくなります。







ADHD、ASD、LD の詳細な説明は下記記事が分かりすいです↓







発達障害とは?特徴や症状、原因、診断や治療などをわかりやすく紹介します | LITALICO仕事ナビ







では、その発達障害のグレーゾーンとは何か? と言いますと、







発達障害の症状が発現するも、発達障害の診断基準を満たしていない状態の事 を指します







下記記事でも述べていますが、私の場合、適応障害で診断書をもらっていますが初診の時には自閉スペクトラム症かもしれない、という診断を受けました↓







うつ病や適応障害とはー。治し方は? 仕事を辞める事が1番効き目あります - うつ病ニートが短期バイト リゾートバイト 治験 投資信託で生きる







要は、発達障害のグレーゾーンという奴です。







何が言いたいかと言うと、" 一概にあなたは間違いなく××という病気だ! " という診断は下し辛く、ADHDやASD等、複合的に広く浅く羅漢しているから なのだそうです。







また、幼少期からの症状があればグレーゾーンではなくなるそうです。











発達障害の転職活動

f:id:shunminmin:20211003154343j:plain






自分の能力に見合った転職活動が大事です。







ネット上では、ADHD気質な人はプログラマーに向いている と記載されている記事が散見されていますが、私はプログラマーとして就職して半年でうつ発症して退職しています。







IT関連の膨大な知識やコードを覚えられず心を病んだので、精神科に通った結果、発達障害グレーゾーンと診断されて更に心を病んで辞めてしまったのです。







" じゃあ発達障害グレーゾーンはどの業界に行けばいいんだ "







という疑問が当然湧きます。







正直、現時点でこの疑問に対して明確な解は持っていません。が、







" 分からないなら分かりそうな人に頼ってしまえ! "






という事で、Kaienという発達障害・グレーゾーンの人に就労移行支援を行なっている会社 と面談することにしました↓







発達障害・グレーゾーン特化 就労移行支援 : 就労移行支援 - 株式会社Kaien







ここで道が開けるかは分かりませんが、心が軽くなればいいなと思って説明会に応募しました。






行政も友人も就労移行支援会社も、声を上げなければ助けてくれませんから積極的に頼るようにしましょう。






うつ病で仕事を辞めたい! → 傷病手当金貰って勤労意欲が湧くまで休みましょう - うつ病ニートが短期バイト リゾートバイト 治験 投資信託で生きる








まとめ




発達障害グレーゾーンと診断されたら、それ専用の窓口に行く事






という結果になりました。





発達障害グレーゾーンのニート人間はどうやって就職したらいい? → 専用窓口に行きましょう
は以上です。




下に関連記事があるので、よろしければご覧ください!



Twitterのフォローや読者登録等もよろしくお願いします!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村