治験って副作用ありそう → 白血病の薬の副作用で38度の熱出ました





治験って副作用があって怖そうというイメージを持つ方がいると思います。





たしかに、治験にはリスクが伴います。





私自身、治験で 白血病の薬を投薬された結果、38度の高熱 が出た事があります。
(1日で治りました)





今回は、私の体験も交えて、
高額バイトよりも高額な治験に潜むリスク についてまとめてみました。


副作用はあります

f:id:shunminmin:20210819121149p:plain





先ほど述べたように、治験には副作用があります。




国内では2019年に初めて、治験に起因している可能性が否定できない死亡事故が発生しました。




先ほども述べましたが、私は白血病の治験に参加した際に高熱を出しました。
その副作用は、大体20人入院して4.5人は副作用の熱 で苦しんでいたように記憶しています。



仮に、副作用で健康被害にあった場合は病院側から保証がなされます。
詳細下記URL



治験との因果関係が認められる健康被害に対する補償金・医療費、治療 治験に参加した結果、不幸にも健康被害が発生した場合には補償を受け取ることができます。 補償は治験に起因した健康被害に対するもので、1.無過失責任によること、2.被験者側に立証責任がないことが特徴となっています。
治験における健康被害の補償 より一部引用

副作用や負担軽減費(貰える金)の詳細な説明は、治験の説明会に参加した時に為されます。




しかし、治験は優しいもので、アルバイトとは違って 治験は棄権する事ができます。
これは説明会の時も入院中もですが、被験者の意向が最大限尊重される為です。




治験は高額バイトよりも高額な負担軽減費を貰えるのでかなり美味しいのですが、それなりにリスクは孕んでいる事を承知する必要があります。



【稼げます】治験って稼げるの? → 私は××万円稼ぎました - 人生逃げ男



しかし、この過程を経ないと薬やワクチンは出来ない為、大いに社会貢献を果たしているといえます。



治験ってそもそも何なの? → 人類を救うヒーローになる事です - うつ病で仕事を辞めた借金200万円持ちアラサーの人生の生き方ブログ





私がいつも参加している治験の会社
登録すれば高額治験の情報が見られます↓






副作用が出ない場合

f:id:shunminmin:20210819121221p:plain


2つのパターンが考えられます。



投薬されたがシンプルに副作用が出なかった場合と、プラセボという全く効果のない薬をを投薬された場合です。



治験の投薬は、実際の薬を服用するグループと、プラセボを服用するグループで別れて行われます。




当然、プラセボを飲んだグループに副作用は出ないのですが、プラセボ効果 で出てしまう人もいらっしゃるそうです。



プラセボ効果が発現していないかを調べる為にも、2つのグループに分けられています。


効き目ある成分が何も入っていないくすりを服用しても、患者さん自身が、自分が飲んでいるくすりは効き目があると思い込むことで、病気の症状が改善することがあります。これをプラセボ効果と呼んでいます。
プラセボ効果とは何ですか?|治験啓発パンフレット:治験の疑問に答えます|日本製薬工業協会
より一部引用

まとめ

治験には副作用があるが死ぬ事は滅多にない



という事がお伝えしたかった事です。



さて、【怖い?】治験って副作用ありそう → 白血病の薬の副作用で熱出ました
は以上になります。


最後までご覧いただきありがとうございました!



下に関連記事があるので、よろしければご覧ください!

Twitterのフォローや読者登録等もよろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

仕事に疲れうつ病を患い退職した20代後半男の人生の逃避行日記。  - にほんブログ村

にほんブログ村 就職バイトブログ アルバイトへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村